GCPにコントリビュートした

created at 2017/03/24 08:52:04

はじめに

といってもPR自体は全然たいしたものではないんだけど、他の多くのOSSと違っておもしろかった点があった :flushed:

コントリビュートしたのはGooglaCloudPlatform/google-cloud-pythonというGCPのPythonクライアント。
ソース読んでたらたまたまコードの重複をみつけたのでPRを送った。

https://github.com/GoogleCloudPlatform/google-cloud-python/pull/3190

Contributor License Agreement

コントリビュートガイドをみるとまずContributor License Agreementにサインしろというふうに書いてある。

超ざっくりまとめると、OSSなので著作権で変な主張しませんってサインしないといけない。

他のOSSでもあるらしいけど今回が初めてだった。
CIでCLAのチェックしてたり、ちゃんとしてる。

課題認識と対策のスピード

このPRをマージしてすぐ「このPRで明らかになったけど、値をハードコードしてるのは問題がある。Protocol Buffers使えないか?」みたいな議論が始まってる。

このへんの課題の認識とか人間信用してなさとかスピード感とか、さすがだなぁと思った。

おわりに

GCPっていう好きなものにコントリビュートできたのが嬉しかったのでつい記事にしてしまいました :smile: