GCP updates | March 12, 2018

created at 2018/03/16 16:41:33

復活しました。

NETWORKING

Cloud Bigtable region launches in Singapore

The Cloud Bigtable region asia-southeast1 has now launched in Singapore.

Cloud Bigtableでシンガポールの新リージョンasia-southeast1がローンチした。

CLOUD AI

Cloud TPU machine learning accelerators

Now in beta, Cloud TPU hardware accelerators are custom ASICs built by Google for training and running TensorFlow-based machine learning models on Google Cloud.

TensorFlowベースの機械学習モデルの学習/予測のためにGoogleが作ったASICのTPUがCloud TPUハードウェアアクセラレーションとしてベータで使えるようになった。

ついにユーザもTPUが使えるようになりましたね。カスタムタイプのインスタンスから使えるそうです。今はリンクページにあるフォームからQuotaをリクエストする必要があります。

COMPUTE

Support for hardware accelerators in Google Kubernetes Engine

Now in beta for GKE, NVIDIA® Tesla® GPUs offer massive processing power for compute-intensive workloads, such as machine learning, image processing, and financial modeling.

ベータ機能として、GKEで機械学習・画像処理・財務モデリングのような大規模な計算が必要なワークロードを処理するためにNVIDIAのTeslaが使えるようになった。

New Google Compute Engine machine type

The n1-megamem-96 machine type is now available in open beta. Customers can run compute and memory-intensive workloads with 96 virtual CPUs and 1.4 TB of memory on a single virtual machine.

オープンβとしてn1-megamem-96というマシンタイプが利用可能。カスタマーはメモリが必要なワークロードを96仮想CPUと1.4TBのメモリを持つ単一の仮想マシンで処理できる。

GKE metadata proxy

The GKE metadata concealment feature, now in beta, enables you to protect potentially sensitive system metadata from user workloads running on your cluster.

ベータ版のGKEのメタデータ隠蔽機能により、クラスタ上で実行されているユーザワークロードから潜在的に機密性の高いシステムメタデータを保護することができる。

Pod内からGCEインスタンスのメタデータ取得を防ぐ機能みたいですね。Kubernetes 1.9.3以上で使えます。

INTERNET OF THINGS

Cloud IoT Core

Now generally available, Cloud IoT Core is a fully managed service that helps securely connect and manage IoT devices at scale.

GAのCloud IoT CoreはIoTデバイスの管理と接続を安全に支援するためのフルマネージドサービス。

IDENTITY & SECURITY

Cloud Key Management Service locations

Cloud KMS resources can now be created in the Asia, Europe, and US multiregional locations.

Cloud KMSのリソースはアジア、ヨーロッパ、アメリカのマルチリージョナルロケーションに作成できる。

キーリングの作成時にロケーションとして、今まではasia-southeast1やus-central1といったリージョンが選択できましたが、asiaやusといったマルチリージョナルなロケーションを選択できるようになりました。

BIG DATA

Cloud Dataflow regional endpoints

Increase data locality and improve geographic separation for Cloud Dataflow jobs with Dataflow regional endpoints, now generally available in us-central1, us-east1, us-west1, europe-west1, asia-east1, and asia-northeast1 GCP regions.

データ局所性の向上と地理的分散を改善するためにCloud DataflowジョブにDataflowリージョナルエンドポイントが利用できる。現在、us-central1、us-east1、us-west1、europe-west1、asia-east1、asia-northeast1でGA。

以前からDataflowのPipelineOptionsにsetRegionメソッドがありましたが、それが機能するようになるのかな。

Cloud Pub/Sub reporting audit logs

Track who did what, where, and when with Cloud Pub/Sub reporting audit logs, now in beta. Subscription, topic lifecycle, and information retrieval events can be configured to generate audit logs.

β版としてCloud Pub/Subは誰が何をどこでいつやったかを監査ログに記録する。SubscriptionやTopicのライフサイクルや情報取得のイベントが監査ログに記録される。

MANAGEMENT TOOLS

Billing usage reporting for GCP Partners

With this generally available release, GCP Partners can now define billing configurations using Google Service Management API and send billing usage via Google Service Control API.

このGAリリースでGCPパートナーはGoogle Service Management APIを使って課金設定を定義し、Google Service Control APIで課金利用料を送信できる。

API PLATFORM & ECOSYSTEMS

Apigee Edge for Private Cloud 4.18.01

Now generally available, Apigee Edge for Private Cloud 4.18.01 for customer-managed installations includes several new capabilities, such as the Apigee Edge unified experience and native policies for JSON web tokens.