GCP updates | June 6, 2018

Posted on Jun 8, 2018

GCPのメルマガの雑な翻訳です。

nownab.log | GCP updates | June 6, 2018

Compute

Regional Persistent Disks for Google Kubernetes Engine

Now in beta, Regional Persistent Disks replicate data between two zones in one region, enabling high availability for stateful workloads. In the event of a zonal outage, failover is automatically handled by the other zone.

β機能のリージョナル永続ディスクは同一リージョンの2つのゾーン間でデータを複製し、ステートフルワークロードの高可用性を実現します。ゾーン停止のときには他のゾーンへ自動でフェイルオーバーします。

便利ですね!速度がどうなるのか気になる。

Self-managed encryption keys with GCE and Cloud KMS

This beta launch allows customers to use Cloud Key Management Service to protect Google Compute Engine resources, such as disks, images, and snapshots.

β機能として、Cloud Key ManagementサービスでCompute Engineのディスクやイメージ、スナップショットのようなリソースを保護できます。

Support for TLS certificates on GKE Ingress This beta release adds support for TLS certificates on GKE Ingress.

GKEにおけるIngressでTLS証明書をβ機能としてサポートします。

複数の証明書を使えるようになったってことみたいですね。これはありがたい。

New regional clusters for Kubernetes Engine

Users can now get 99.95% uptime and improve their clusters’ availability by creating regional clusters. Unlike other cluster types, regional clusters create three cluster masters across three zones within a region.

リージョナルクラスタによって99.95%のアップタイムを得られ、クラスタの可用性を改善できます。他のクラスタタイプと異なり、リージョナルクラスタは同一リージョン内の3つのゾーンに3つのマスターを配置します。

ようやくβが外れましたね。

Storage & Databases

Faster Cloud SQL SSL certificate rotation

Users can now rotate SSL certificates used to connect to their Cloud SQL instances with no downtime.

ダウンタイム無しでCloud SQLインスタンスに接続するためのSSL証明書をローテートできます。