入門 Kubernetesを読んだ

created at 2018/07/12 08:55:55

はじめに

入門 Kubernetesを読みました。

今からKubernetesを始める人、Kubernetesがなんなのかザッと知っておきたい人にとってはとてもいい本だと思います。

モチベーション

Kubernetesは前から使っていたものの、公式ドキュメントをかいつまんだり非公式なブログ記事を読んだりと点と点の知識だったので、体系的に学びたかった。

感想

まさにKubernetesの入門書という感じです。実例を交えながらKubernetesのエッセンスが簡単に説明されています。Pod、ReplicaSet、Deployment、Service、DaemonSet、StatefulSet、Jobなど幅広い項目について知ることができます。

薄くてサクッと読めるボリュームですが、これ1冊でKubernetesにアプリケーションをデプロイできるようになると思います。また、これからのインフラの基礎となるであろうコンテナオーケストレーションとは何か、Kubernetesとはどんなものなのかを掴むのにもいい本だと思います。

すでにKubernetesを使っている人にとっては新しい知識はあまりないかもしれません。

実際にアプリケーションをKubernetesで運用するにはこの本に加えてより深いKubernetesの理解と幅広い知識が必要です。Kubernetesの公式ドキュメントやクラウドのドキュメントなどを読むことになると思います。