2019年の抱負

created at 2019/01/14 12:09:38

いまさら感ありますが、三連休でふと気が向いたので書きます。

2018年

2018年は総合すると良い一年ではありませんでした。いろいろあってだいぶ死んでました。

ただ良いこともあって、新しい家に引っ越して犬を飼い始めたのは最高でした。

かわいすぎて、今では1日の発言の9割が「かわいい」です。

2019年

2018年が死んでたので、2019年はリハビリを頑張ろうと思っています。

その前に大きな方向性として、30代のうちに有給ニートになりたいという目標があります。

2018年で30歳になりました。今まで30年人間として生きてきたわけですが、どう考えても人間は週40時間で働くようにはできてません。なので人間的な生活を送るためにバッサリ労働をやめたくて、そのために何かしていきたいと考えています。わかりやすく言うと不労所得の確保ですね。

10年後も東京であくせく労働してるなんて考えたくもないので、将来はブリーダーの資格でも取って東京から離れたところで犬とともにゆるりと生きていきたいです。

それを見据えて今年頑張りたいのは次の3つ。

  • 健康維持
  • なんか出す
  • YouTubeでの情報発信

健康維持

健康がないと何も始まらないので、第一に健康維持です。具体的には、筋肉とか骨格部分の正常化と減量です。

2018年に死んでた原因のひとつに腰痛がありました。9月から11月にかけて、月に1、2回ぎっくり腰になるというやばい状態で、かなりの日数を寝たきりで過ごしました。
かなり最悪な出来事だったんですが悪いことだけだったかというとそういうこともなくて、自分の身体と向き合う良い機会になりました。
今はかなり腰痛に対する知見がたまり、今のところ12月からはぎっくり腰をギリギリ回避できています。
身体の悪いところを把握できて、どうすればいいかがなんとなくわかってきたので2019年は継続的に色々対策していきます。

また、学生時代に比べてかなり体重と体脂肪率が増えてて、それが腰痛とか他の不調の原因にもなってると感じています。あと自分の場合は「自分は学生時代に比べて劣っている」と常に考えてしまうので精神的にも良くないです。
2019年の前半に5kg減らして残り半年はそれを維持するというのが目標です。

なんか出す

これは、Webサービスとかモバイルアプリとか、そういうものをリリースするという意味です。
自分にはソフトウェアエンジニアとしてのスキルがあるので不労所得を得る手段として最も有望な方法です。

ですが、今までこれは自分にとってそれなりに難しいことでした。
自分は技術への好奇心は尽きないんですが、あまり「サービス」とか「プロダクト」に興味がないというのが理由です。

なのでサービスをリリースするというモチベーションはなかなか湧かないんですが、お金を得るという強い気持ちを持って2019年に何かひとつリリースするというのが目標です。
ひとつと言わずいくつかリリースしたいですが、まずはひとつ。少しでもお金が入れば次のモチベーションにもなるはずなので。

YouTubeでの情報発信

これは2つ目的があります。

  • 不労所得の確保
  • 動画メディアでの情報発信のキャッチアップ

まずひとつ目の不労所得の確保ですが、これは正直勝ち目は薄いと思ってます。

ただ、自分の趣味のペットやゲームやバンドとの相性はいいので、動画を作って投稿するフローを確立しておけば小遣い程度にはなるかもしれないという期待があります。小遣いが得られれば趣味の正当化にもなるので一石二鳥です。

ふたつ目の情報発信ですが、今後これができないと困ることが増えていきそうなので身につけておきたいというのが理由です。

これはかなり苦手意識があって、今まではYouTuberの動画なんて見たこともないし、技術系の動画もまったく見ないし、そもそも動画メディアに興味がないという状態でした。しかし、例えばリリースしたサービスを動画で宣伝したかったり、広く若い世代に何かを伝えたかったりしたときに、これができないと困るでしょう。ブログ書くより動画で出すほうが効果的になってきていると思います。というわけで、2019年はちょっとずつ頑張っていきたいです。

自分の声を入れたりするのはすごい抵抗があるんですが、おそらくそれは自分がおじさんだからなので克服していきたいですね。

まとめ

働きたくない。