GCE Machine Types Overview

Posted on Oct 10, 2019

GCP Updates | Semtember 30, 2019 - nownab.log で memory-optimized マシンタイプの名前がn1からm1に変わったという項目があったので、マシンタイプのprefixを整理してみた。

Prefixes

n1: 第1世代汎用マシンタイプ

  • 最大96vCPU、6.5GB/vCPU memory
  • Sandy Bridge, Ivy Bridge, Haswell, Broadwell, Skylake
  • 割引きがn2よりでかい
  • GPUが使える

n2: 第2世代汎用マシンタイプ

  • 最大80vCPU
  • 8GB/vCPU memory
  • Cascade Lake
  • 特定のリージョン、ゾーンのみ

m1: 第1世代メモリ最適化マシンタイプ

  • n1-highmemよりさらにhighmem
  • regional persistent diskが使えない
  • 特定のリージョン、ゾーンのみ
  • Broadwell, Skylake

m2: 第2世代メモリ最適化マシンタイプ

  • 長期でつかう場合はCommitted use contractが必要
  • 短期でつかう場合はquotaの申請をする?
  • Cascade Lake

c2: 計算最適化マシンタイプ

  • c1はない
  • Cascade Lake
  • 基本3.1GHz、全コアターボ3.8GHz、1コアターボ3.9GHz
    • n2-highcpuは基本2.8GHz、全コアターボ3.4GHz、1コアターボ3.9GHz
  • regional persistent diskが使えない
  • 特定のリージョン、ゾーンのみ

f1 / g1: Shared-core

  • CPUコアを他のVMと共有

参考