nownabe-google (GIMPで頑張って作ったOGP画像)

今年の 1 月から Google で GCP のカスタマーエンジニアとして働き始めました。 まだまだペーペーで価値を産まずに社食を貪る日々を過ごしています 🍖

エンジニアとついてますが、個人的な感覚ではソフトウェアエンジニアではなく営業マンです。 ソフトウェアエンジニアからカスタマーエンジニアになるにあたって色々悩んだりもしたのでそのへん書いておこうと思います。

まだ全然何もよくわかってないのでおかしなこと書いてるかもしれませんがご了承ください。 入ってどうだったかはまた別の機会にでも。

経緯

入社を決めたのは 2019 年なんですが、2018 年にも面接を受けて途中で辞退していました。

2018 年にリクルーターから連絡があったときにはカスタマーエンジニアになるのに前向きではないことを伝えて、それでもいいからという感じで面接を受けました。 それでいいなら噂の Google の面接を受けてみようという感じでした。 結局そのときは面接を 1 回か 2 回受けて、その後もかなり時間をとられることがわかったので途中で辞退しました。

2019 年にまたリクルーターから今どんな感じ?みたいな連絡がきて、心境や状況も変化していたので面接を受けて入社を決めました。

カスタマーエンジニアになる決断をした理由

自分にとってはかなり難しい決断でした。 カスタマーエンジニアは自分でモノを作らないからです。1 自分の手を動かして何かモノを作るのが好きで今までソフトウェアエンジニアをやっていたので、これからもモノを作っていきたかったし、自分の手でモノを作らない仕事をやっていけるかわかりませんでした。

決断した大きな理由は、カスタマーエンジニアという職を自分の成長のための大きな挑戦だと捉えられるようになったことです。 1 回目に面接を受けたときと違って去年リクルーターから連絡をもらったときは、老いたら新しいことをするにも大量のガソリンが必要になるだろうし、自分からは考えもしないジョブチェンジだし、今このタイミングでまったく新しいことにチャレンジするのもいいかもな、いい機会だよなと考えるようになりました。

そう考え始めると思考は広がって、Google でカスタマーエンジニアとして働けば今後自分の人生にとって貴重で有用な経験ができると確信するようになりました。 ソフトウェアエンジニアとして働き続けていたら手に入れられなかったであろうものを手に入れるためにカスタマーエンジニアになることを決めました。 機会をくれるならやろうと。

あともう 1 つ大きな理由があって、自分はクラウドが好きだということです。 クラウドがやりたかったから新卒では自社でパブリッククラウドを持ってる会社に入ったし、その後もずっとクラウドに関わる仕事がしたいという気持ちはありました。 今は久しぶりにクラウドに関わる職につけてワクワクしています。

Google に入社した理由

正直なところ Google じゃなかったら営業の仕事で入社するということはなかったと思います。

Google が良かった理由はいっぱいあるんですが、何より GCP のファンだったというのが大きかったです。 このブログの今までの記事もかなりGCP贔屓です。 同じ条件であれば他のクラウド会社への入社は検討もしなかったと思います。

他にも、オフィスが最高、働き方の自由がある、英語を学ぶ機会がありそう、飽きたら社内異動できる、異動で海外にいける、などなどの理由がありました。

ソフトウェアエンジニアやめるの?

やめません。もともとソフトウェアを作って遊んだり何かを解決するっていうのは趣味というか生活の一部なのでそんな感じで続けます。 ジジイになってもソフトウェアエンジニアは名乗ってると思います。

やめませんが、カスタマーエンジニアやってる間は間違いなくソフトウェアエンジニアとしてのスキルは相対的に落ちます。 カスタマーエンジニアをやることで部分的に向上するソフトウェアエンジニアリングスキルもあるとは思いますが、ソフトウェアエンジニアとしての経験値が圧倒的に少なくなるからです。 実際にソフトウェアのオーナーとして開発・運用をする経験ができません。

ただ、ソフトウェアエンジニアを今までやってきて大切だったことって、楽しむこととか、苦しみに耐えることとか、素直さとか、学び続けることとか、自分でケツを持つ覚悟とか、わかるまで調べることとか、怒りの感情とか、そういう部分がかなり大きいのでまあそれは多少ブランクがあっても大丈夫かなと考えています。 遅れを取るとは思いますが、やっていけなくなることはないと。

カスタマーエンジニアを数年やってみて自分に向いてることがわかって一生続けるとしても、趣味から仕事になったものが趣味に戻るだけなのでまあいいかなと思ってます。 向いてなかったら多分仕事としてのソフトウェアエンジニアに戻ります。

意気込み

やるからには本気でやります!💪 🔥

今はまだ何もやってないのでカスタマーエンジニアって名乗るのに抵抗があるんですが、早く何か成し遂げて自信を持って名乗れるようになりたいです。

向いてなかったらソフトウェアエンジニアに戻るとは書きましたが、数年はやってみようと思ってます。 もしやめるとしても、カスタマーエンジニアやってましたと堂々と言えるようになっていたいです。


  1. まだカスタマーエンジニアのことよくわかってないんですが、何か作ることはあると思うし、作ってる同僚もいると思います。自分が今現在モノとして認識しているサービスやソフトウェアといったモノは作らないということです。 [return]